【超かんたん】FileMaker Data APIにlocalhostからアクセスする方法

FileMaker Data APIはhttpsリクエストしか許可していませんが、ちょっと開発で試してみたい。localhostでサーバー立てたけど、SSL証明書を準備するのがめんどくさい。など、様々な理由でFileMaker Data APIをlocalhostで使いたい方はいらっしゃるのではないでしょうか。

本ブログでは、FileMaker Serverを自端末のlocalhostで動かしながら、Data APIにアクセスする方法をご紹介いたします。

事前準備

FileMaker Data APIを使う上で、httpsリクエストは必須項目となっています。これはどうやっても免れることができません。そこで、ngrokという、一時的にローカルPC上で稼働しているネットワーク(TCP)サービスを外部公開できるサービスを利用することで、このハードルをクリアしていきます。

ngrokのインストール

まず初めに、ngrokのサイトからそれぞれのOSに適したインストーラーをダウンロードします。

ngrok - Online in One Line
ngrok is the fastest way to put anything on the internet with a single command.

※インストーラーのダウンロードにはアカウント登録が必要ですが、無料で利用できるため手順に従ってアカウントを作成しましょう。

それぞれのOSのインストーラーがダウンロードできたら、ダブルクリックして、ngrokをインストールします。

ngrokのインストール確認

インストーラーを使って、インストールができたら、以下コマンドを利用してngrokがインストールできていることを確認します。バージョン情報が表示されたら、インストール完了です。

$ ngrok --version

//ngrok version 2.3.35

ngrok起動

ngrokがインストールできたら、早速、ngrokを起動させて、Data APIを利用できることを確認します。

Data APIは3000番ポートで動いているため、ngrokを使って、3000ポートを外部公開してあげます。

$ ngrok http 3000

起動すると、以下画面のようにアクセスできるURLが表示されます。

以上で、FileMaker Data APIにhttpsリクエストでアクセスできる準備が整いました。

動作確認

本当に、https経由でData APIにアクセスできるか確認するために、リファレンスページを開いてみます。

※FileMaker Data APIへのアクセス方法は以下ページをご参照ください。

https://help.claris.com/ja/data-api-guide/#reference-information
// <上記図の赤枠の部分のhttps>/fmi/data/apidoc/

https://0bfc-240d-1a-3dd-2700-a117-fb3e-e7c8-7ab5.ngrok.io/fmi/data/apidoc/

リファレンスページが無事開けたら、確認完了です。Data APIを早速試してみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました